AM stright radio

(温故知新)故きを温ねて新しきを知るコーナー

製作の背景

随分前に、三洋から画期的なストレート・ラジオ用IC LA1050が発売されました。
部品点数が少なく、驚かされたものです。
このICの原点はZN414と呼ばれるものだったようです。
そのLA1050も廃版になってしまい、互換のUTC7642で当時を再現しました。

仕様

受信周波数535KHz - 1605KHz
受信方式ストレート方式
出力イヤホン
電源単三x1
消費電流4.0mA
電池寿命アルカリ電池2000mAH/4.0mA=500hour

回路図

回路図

互換製品のピン配置が異なります。
ピン配置123
ZN414GNDINOUT
UTC7642GNDINOUT
TA7642GNDINOUT
LA1050OUTGNDIN
LMF501TOUTGNDIN

部品表

備考
UTC76421U1 LA1050互換IC
100K1R1 カーボン皮膜抵抗1/4W
1K1R2 カーボン皮膜抵抗1/4W
47K1R3 カーボン皮膜抵抗1/4W
0.01uF1C1 セラミックコンデンサ
0.1uF2C2, C3 セラミックコンデンサ
2SC18151Q1 NPN汎用トランジスタ、ランクはY,GRなど
SP1SP マグネチック・イヤホン
260pF1VC 単連ポリバリコン、CBM-113B-1C4
330uH1T1 バーアンテナ、SL-55GT、代替品BA-200

動作原理


基板例


(C)2010 All rights reserved by Y.Onodera. inserted by FC2 system